多文化共生社会 難民

0

    今年も西宮市男女共同参画センターWAVEの市民企画講座で

    多文化共生社会をテーマに2本、講座をさせていただきます。

    今年のテーマは「難民」です。

     

    【遊と講vol.57】

    8月27日(土)13:00〜15:00

    ドキュメンタリー映画「身分証明のない難民」(ガビ・ジャンマル監督・24分)上映とお話

     講師 ガビ・ジャンマルさん

    自分の存在を証明できないことにより、結婚や子供の誕生などのライフ・イベントだけでなく、

    毎日の通勤や学校教育に至るまで支障をきたす難民の人たち。

    紙切れひとつに翻弄される人々の姿から、人間が社会で存在することの意味を問う作品。

    レバノン生まれのパレスチナ難民2世(お父さんがパレスチナ難民、お母さんはレバノン人です。)

    のガビさんより、レバノンのこと、アラブ社会のこと、パレスチナ人・シリア人難民などの実情を

    聞きます。

     

    【遊と講vol.58】

    9月3日(土)13:00〜15:00

    子どもたちの居場所〜“こどもの里”とわたし
     講師 大谷純さん
    貧困や地域社会の崩壊など、環境の急激な変化によって居場所がない子どもたちも時代の

    「難民」といえるかもしれません。

    今話題のドキュメンタリー映画「さとにきたらええやん」の舞台、大阪釜ヶ崎の児童館

    “こどもの里”。“こどもの里”OGの大谷さんから無戸籍で不就学だった子ども時代の経験や、

    支ええてくれた周囲との関り、そして地域内のコミュニケーションが現存している釜ヶ崎の

    “こどもの里”の取り組みについてお話を聞きます。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 夏を迎える新緑Party by あおのかぜ
      waki (04/06)
    • 夏を迎える新緑Party by あおのかぜ
      kaori (04/06)
    • 様々な「多文化共生社会」を考える〜地域で共に生きること、そこから見えてくること〜第2回「大人の発達障害とは〜当事者からのメッセージ〜」」
      石橋正敏 (09/24)
    • フェアトレードのある暮らしone village one earth @手織適塾SAORI神戸
      はな (05/03)
    • ボリビア・ルレナバケよりLa Cambitaご一行様来店。
      waki (03/20)
    • ボリビア・ルレナバケよりLa Cambitaご一行様来店。
      La Cambita (03/18)
    • 赤司寛和 ピロリンピロリン♪ 展@one village one earth  by studio COOCA
      sayakaママ (09/09)
    • 天然酵母パンの販売が始まりました!
      socashi (07/24)
    • 紙芝居公演「ピ・ヨンジュとオレ三世の大冒険」終了しました。
      waki (12/17)
    • 紙芝居公演「ピ・ヨンジュとオレ三世の大冒険」終了しました。
      sayakaMama (12/14)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM